相手に足元を見られる

ヤミ金にお金を借りた人達を救う人
という特集をしていました。
法律を知らないでお金を借りるから相手に足元を見られるわけですね。
泣き落としをしてくる相手に屈しない。
正義の味方というかんじの人ですけど、この人はヤミ金融に命を狙われたりはしないんですかね。
小説で警察とかヤクザとか犯罪とかをフィクションで目の当たりにしているとそんな心配をしてしまいます。
人のために仲介するのって簡単なことではありませんよね。
人に強く出られないというのは分かる気がします。
でもだからといって家族に迷惑をかけるのは絶対にダメです。
家族崩壊につながるので、お金だけではなく親愛すらなくなりますよ。
私の知り合いにもいるのでテレビで見たとはいえ、他人事とは思えません。

コメントは受け付けていません。