理想の人間

理想の人間、というのになるのは簡単なことではないですね。
好ましいと思える、人への対応があっても自分はなかなかできそうにもありません。
主語なく話し始める傾向が多少なりともあるので、同じようなタイプの人には寛大でいたいと思います。
基本的には家人に対してですが、前日に話していた内容とさっきの話しの続きみたいにいきなり話し始めるのにイライラします。
話しを聞く方なのに察しないといけないなんておかしいですよ。
まずなんの話しなのかわからない、そしてなんでそんな話し方をするのかとかいろいろな事に腹が立つので私の返答もつんつんしたものになるわけです。
あとになって自分の対応に自己嫌悪します。
前にその話し方だとわからないと言ってもなおらないので自分次第ですね。

コメントは受け付けていません。