7、3、1の法則

お客さんを引き込む、7、3、1の法則というのを知りました。
7メートル。
大きい看板で商品名がかかれた看板。
3メートル。
値段が分かる大きさのポップ。
近くによる、1メートル。
商品のいろんな種類が分かる。
これを聞いてなるほどなぁって思います。
駅ナカのお店ってついふらっと買いたくなるんですよね。
でも自分の知りたい情報がなかなか分からないお店って確かにあります。
オシャレ風な看板でかわいい文字だったとしても読みにくい、理解しにくいのでは購買力も失せますしストレスになります。
人が多いといのもあるし、その上で並んでいると私は情報を知りたいだけなのに順番を抜かしているようにも見えます。
分かりやすい情報開示はとても必要なことです。

違う職場へ移動したいと考える薬剤師

職場環境は仕事のモチベーションを大きく左右させる要素ですね。薬剤師として働いている中でこの部分は本当に強く感じることができました。普段からあまり人のことに関しては口出しをしないことを決めていたのですが、ついつい口を挟んでしまうのですよね。すると次の日からは陰口を叩かれる始末です。薬剤師として患者さんと向き合うために仕事をしているのに、これでは本末転倒です。

しかしこんなことは世の中のどんな職場だって遭遇するものですよね。他人にヘタれるほど私は弱い人間ではありません。そういった意地を張って頑張っていきました。それでも、やはり人間関係は私の精神をじわりじわりと攻撃していったのです。その結果、私は自然と転職サイトを覗いたりしていました。自分ではそんなつもりではありませんでした。ですが気持ちはそうなのでしょう。

薬剤師として同じ職場でずっと働くことが私の希望でした。それができそうだと思って現在の場所を選んだのに、それがハズレだったわけです。薬剤師としてモチベーションを高くして取り組まなければいけません。それが出来ないのであれば、もく職場を変更させるしかありませんよね。幸いにも現在は売り手市場ということですから、自分に合う職場を見つけるチャンスかもしれません。

この機会に、数年ずっと気になっていた薬剤師講師への転職を目指して…頑張ってみようかな!狭き門だけれど。