よわむし同心信長

読む本がなくなって最近は時代劇にも手を出しています。
先日読み始めたのが早見俊さんの「よわむし同心信長」です。
本名は信長ではなく、信藤長次郎という名前ですが名前の頭をとっています。
本人が織田信長が大好きで本を読んでいたりするのと弱いくせに・・・という揶揄もあります。
同心モノをよく読んでいますけど、続けて読むと作者が違うのに似た名前が多くて混乱します。
あと、本当に織田信長が主人公に乗り移るとかって話しもいまいちですね。
乗り移るというか声が聞こえていろいろ口を出してきます。
それで捕り物になって結果を残すのだから良い展開なのでしょうが、ちょっとなぁという微妙な感想になります。
シリーズもので長く続くので一冊目はこんな感じかもしれませんね。