レーシック手術と白内障

レーシック手術を受けた人は正しい眼内レンズを選べないことがあります。
レーシック手術を受けて人は角膜の形が変わってしまっています。
ではレーシック手術を受けた人で白内障を患ってしまった場合はどうするのか。
角膜のカーブを削って視力を回復する手術方法です。
手術自体は難しくないが、中に入れる眼内レンズを患者本人に合わせるのが難しいからです。
OCT検査という3Dで映し出すことができるものが開発されているので、レーシック手術を受けた人も可能になりました。
50歳くらいにレーシック手術をするくらいなら、眼内レンズを入れる手術をした方が良いときもあります。
若いときに眼内レンズを入れてしまうと視力の関係もあってよくないときもある。
自分の年齢と目の様子でどちらかを考えるべきです。