第二の認知症

2010年に治療法を発表しています。
高齢の認知症の5人に1人が第二の認知症だとされているのです。
しかし病気自体も知られていないことが多いことが問題になっています。
アルツハイマー病など認知症が昨今では有名になりつつあります。
しかしアルツハイマー病や認知症と間違えられて、治療が遅れると悪化してしまう
第二の認知症の特徴
近所を歩いていて道に迷ってしまう
物を置き忘れてしまう
記憶力や判断力のテストをしても年相応だと診断されて気にしないでいいと医師にも言われる。
しかし、家族の付き添いなしにトイレに行けなくなったり、誰もいないのに人がいるといって警察に電話をする騒ぎを起こす。
疑い深く妄想で人を傷つけてしまうと社会生活に支障が出ます。