二つの神経

近くを見ないといけない、ピントを近くに合わせるのは副交感神経です。
すると交感神経と副交感神経の二つの神経が使われることになってしまいます。
まぶたを無理にあげようとして交感神経ががんばります。
上げようとする力と下げようとする力が一緒に働いていて良いことがあるわけありませんよね。
まぶたが下がってしまうことを眼瞼下垂と言います。
これは加齢によるものが大きくて誰にでも起こることです。
そのほか、まぶたをこする習慣がある人は注意してください。
アレルギーや花粉、ホコリなどで強くこすることがある人はまぶたの筋肉は非常に薄いので筋肉が伸びたり切れたりします。
メイク落としやコンタクトレンズを使う人にもあてはまります。
自律神経にどのように影響しているかどうか調べる機会があります。
これでまぶたの衰えがわかります。
目に負担をかけないように読書用の眼鏡をかけるなどが必要です。