細胞シート

細胞シートというあらたな医療ができています。 この手のニュースはとても好きなのでよく見てしまいます。 手術前は心臓移植が必要なほど心臓の様子が芳しくなかった患者さんがいました。 細胞シートを使った手術のあとは規則正しい心臓の動きになりました。 効果があるかないかではなく、どんな人に効くか効かないか。 今後は保険診療にもっていけるように目指しているそうです。 細胞シートを重ねることで組織や臓器までつくりたい。 人の神経細胞をつくらなければならない。 人から多くの細胞をとることはできないので山中先生のIPS細胞が活躍してくるわけです。 これがIPS細胞でつくった心筋細胞シートといいます。 心臓のようにすでに動くところまでできていました。