美人だけど不機嫌さん

先日、某大手のディスカウントストアに行きました。
暑くなる前に帰宅したかったので早目に行きましたが朝っぱらからお客さんはいるものですよね。
その割には開けているレジが少ないので大きな列になっていました。
私の前にいた女性は色が白くて細いし美人さんでした。
ただ、あきらかに不機嫌。
腕を胸の前で組んでいて足はだらっとしているし、猫背気味でした。
あいていないレジについて、イライラする気持ちはわかりますよ。
でもせっかくの美人さんのにもったいない姿だなと思いました。
何もかもが劣っている私ですけど、背筋を伸ばしおしりに力を入れてなるべくちゃんと立つようにしました。
まあ、誰もみていないのでしょうが人の振り見て我が振り直せ、というやつですね。

理想の人間

理想の人間、というのになるのは簡単なことではないですね。
好ましいと思える、人への対応があっても自分はなかなかできそうにもありません。
主語なく話し始める傾向が多少なりともあるので、同じようなタイプの人には寛大でいたいと思います。
基本的には家人に対してですが、前日に話していた内容とさっきの話しの続きみたいにいきなり話し始めるのにイライラします。
話しを聞く方なのに察しないといけないなんておかしいですよ。
まずなんの話しなのかわからない、そしてなんでそんな話し方をするのかとかいろいろな事に腹が立つので私の返答もつんつんしたものになるわけです。
あとになって自分の対応に自己嫌悪します。
前にその話し方だとわからないと言ってもなおらないので自分次第ですね。

住民の反対運動

自宅の近くになにかしらの施設が出来る。
そして住民の反対運動。
そういう話題は耳にしますね。
おしゃれでお高い土地の人達が反対していたやつは、住民の他者への見下し具合が酷かったけれど、知的障がい者施設については難しいですね。
悪気はなくても普通とは違う行動をしてしまう人がいるとなると、大人だって怖いです。
これは偏見になるんでしょうか。
安全で安心が出来る地域でいて欲しいと思うのは普通のことです。
障がい者施設は必要ですが、新しく施設をつくるのであればやはり周りの地域の人の気持ちも大切です。
差別はしたくないし、自分とは関係のない場所でして欲しいとけっきょくはみんな思っていることです。
共存を反対するからといって、その人達を簡単に責めらません。

半永久的に使える綿棒

半永久的に使える綿棒があるそうです。
これを聞いて、私としては毎回洗うのは面倒だなと思ってしまいました。
いつも100円均一で何十本も入っているものを購入して使っています。
品質なんてどうでもいいんですよ。
メイクとかすると必要になるし、たまに耳掃除にも役立ちますしね。
日本人は耳かきが好きですが本当はあまりしちゃいけないんだとか。
でも痒いからしかたがないです。
外国の人は耳の中がしめっているそうなので耳かきではなく綿棒派が多いそうです。
やっぱり常に使うものだから毎日のように洗う必要があるので、私はやっぱり使い捨てがいいかな。
環境問題なんかを考えれば使い捨てはよくないのはわかりますけど、利便性をとってしまいます。

外国の工場を使う弊害

中国の工場で潜入取材の動画が発表された商品名は救急マスクというものでした。 
床に落ちているマスク、放置されているみかんの粉にはハエがとまっているが、使い捨てだから消毒する必要がないと主張。
臭い、頭が痛い 苦情が殺到だったのは大手メーカーのマスク製造工場のものでした。
日本の販売元は10年前に販売していたが中国の製造で販売。
不良品が多く出回ったので1年で終了したのに販売元迷惑をこうむっているようです。
しかし、安いからという理由で中国で発注したのだからこれは仕方がないなんて。
中国でも綺麗な工場はあるそうです。
全国マスク工業会会員マークは日本で9割表示されています。
一年に2回の検査で勝手にマークをつけていても抜き打ちで検査をしています。

最近の職場での愚痴

最近の職場での愚痴と言ったら話す内容ですね。
3人ならそうでもないけれど、それ以上の主婦が集まると会話の内容はだいたい子供の事ばかり。
そういうのを聞くのは嫌いじゃありませんでした。
でももう何年も同じ場所にいると、その話しって前も聞いたなって話題もあるんです。
それでも聞くのが社会性というやつでしょうね。
オチを知っているのに驚くふりとかもう最高に面倒ですよ。
他の人も私と同じ意見なのか気になるけど藪蛇になりそうなので誰にも聞いていません。
話す内容が同じこと以上に立場としては私は同じではないので意見が言えるわけでもなく。
質問して聞くくらいですね。
お昼休憩なんだから休憩がしたいのに一人になる場所なんてないので、仕事とは違った意味で疲れます。

インフルエンザ花粉症

インフルエンザ花粉症の話題がますます多くなってきたことを、職場でも感じますし自宅に変えればネットやテレビでも特集されています。
花粉症ではない人がこの花粉量の多さで発症する可能性があるなど、ますます花粉症人口が増えますね。
最近マスクはダチョウの抗体を染み込ませたものがあるそうです!
感染症などの病に非常に強い抗体があるとかで3枚入り400円なり。
高い!すぐに使い捨てる方が良いって説の方を信じているので高すぎて無理ですね。
アカモクという海藻は船のスクリューに絡まるため、漁師にとっては厄介者ですがフコイダンがウィルス抗体を体内で増加してくれるので少しずつ話題になっていますね。
味噌汁に入れるのがおすすめだそうで私も食べてみたいです。

時間がないときにやってしまうこと

またまたやってしまいました。
時間がないときに限って、何故かしてしまうこと。
それは掃除です。
しかもその掃除は普段するような簡単なものでありません。
ちょっと目についた棚をどかしてそこを整理して移動したついでに水拭きをしてと、大掃除レベルのことになっちゃうんです。
これって学生のころに明日がテストだから勉強しなくちゃ!というときにやってしまうアレですよね。
現実逃避をしても困るのは自分だけなのにどうして手が出てしまうのか。
掃除をはじめてから、ダメだダメだやめないと!!と思うんですけど、そのまま続行しちゃいました。
おかげで部屋の中はスッキリしましたけど、自分の中では罪悪感でいっぱいです。
無駄にした時間は戻りませんからね・・・。

フェイスブックが未投稿の写真が流出

アメリカのフェイスブックが未投稿の写真が流出した可能性があるかも?ってニュースを読んで、だからどうしたんだろうと言いたくなりました。
そもそもSNSに写真を投稿する人の神経がわかりません。
投稿前のものだって、すぐに投稿できるような状態にしていたのだから自己責任ですよ。
全世界の人に見せるために写真を撮る人が多すぎです。
日本でも増えているみたいだけどそんなものをネットに公開なんかしようものなら流出がどうのこうのという問題じゃないですよ。
人に見せてどうするんだって気持ちがあるので、投稿を確定していないものが流出したのも攻められないでしょう。
嫌ならやるな!ですよ。
認証欲求が強すぎる人がこういう事態になるわけです。

受刑者不足で刑務所がガラガラ

オランダでは受刑者不足で刑務所がガラガラ、という記事を読みました。
海外なのに犯罪者が少ないのかなと思ったら、オランダでは懲役ではなく更生を主眼しているからなんだそうです。
この取り組みによって10年で刑務所がガラガラになったように犯罪が低下しました。
服役するのは釈放したら危険な人ということです。
でも被害者感情としてはどうなんでしょうね。
殺人の罪はおそらく服役しているんでしょうけれど、殺人まではいかなくても被害者としては大変な目にあったのに相手は自由の身なんですから。
刑務所はお金がかかるという観点もあるようです。
オランダだからこそ成功したのか、それとも世界的にも実用化をすれば効果があるのか。
私としては少々懐疑的です。